看護師 夜勤手当

看護師の夜勤手当

世の中には、さまざまなお仕事がありますが、看護師の夜勤のバイトは比較的高い賃金が魅力で、医師不足のいま、人材確保のため需要が十分にあるお仕事だと言えます。

 

お金を貯めたいかたなどには非常に効率のよい働き方となるでしょう。

 

やはり、最大のメリットは収入の高さです。

 

時給換算すると、日勤に比べて1.25〜1.5倍高くなっています。

 

夜勤パートで月に10回程度働けば、十分生活することができます。

 

経験や年齢、持っている資格の種類(準看護師・正看護師・助産師)、または病院の地域や規模などによっては、なんと4万円の日給になるところもあるのです。

 

病院の規模や、病棟・救急外来の人員体制により多少の誤差はありますが、高いところであれば、正看護師の場合、一回あたりの夜勤手当が35,000 円〜40,000円、低いところで25,000円〜30,000円です。

 

ちなみに首都圏では平均が30,000円となっています。

 

助産師は更に日給が高く、逆に准看護師は正看護師より低くなります。

 

とは言っても、病院によって計算方法が多少異なるので転職を考える場合は事前に調べておきましょう。

 

また、3交代制の場合は、日勤の時給に深夜手当てを加算するケースが多く、2交代制(準・深通し含む)では、夜勤一回あたりの手当てを固定しているケースが多いです。

 

看護師の仕事を夜勤でこなしている方は、子育てとの両立に悩むケースが多いですよね。

 

旦那さんやご家族の理解と協力があれば、両立はできるかもしれませんが、シングルマザーの場合はなかなかうまくいきません。

 

中には、子育てができないからという理由で夜勤をしたくてもできないという人もいるはずです。

 

しかし、このような状況を改善するための取り組みが行われています。

 

例えば、看護師や医療従事者を対象にした、専用の院内保育所がひとつの例です。

 

1日の利用額が1000円程度とするところが多いですから、経済的な負担もかかりません。

 

通常の保育園に預けることを考えれば比較にならないくらい安いですよね。

 

また、夜勤の頻度を調整してくれる病院もあります。

 

シフトの調整をすることで、お子さんとの関わる機会もうまくとることができるでしょう。

 

看護師は圧倒的に女性が多い職場です。

 

女性ならではの事情を考慮してくれる病院を探すことは、長く勤めていくためにとても大切なことです。

 

子育ては、とても大きな責任が伴いますが、子どもの成長を感じられたときの幸せは何にもかえがたいものです。

 

だからこそ、仕事との両立ができる病院選びには力を入れてほしいのです。

 

今は、ナース専用の求人情報を掲載しているWEBサイトが数多くあります。

 

地域や条件が細かく設定できるので、あなたの理想にピッタリの病院をぜひ探してみてくださ