看護師 夜勤 4万

看護師は、1回の夜勤で4万円もの収入になる病院もある

看護師の勤務形態は、通常であれば2交代もしくは3交代制となっています。

 

2交代の場合は日勤と夜勤、3交代では日勤、準夜勤、深夜勤といった分け方ができます。

 

看護師の仕事というのは激務で、日勤帯の人手が多いときでも過酷です。

 

それが人手の少ない夜勤ともなると体力的にも精神的にも更にきつく、交代制勤務による生活のリズムの乱れから体調を崩してしまう看護師も多いようです。

 

そのため病院側としては、夜勤を勤めてくれる夜勤専従看護師やアルバイトの存在を必要としています。

 

そして、夜勤というのは働く側にもメリットがあり、その最大のメリットと言えばやはりお金ではないでしょうか。

 

夜勤を行うと、基本給の他に夜勤手当というものが上乗せされます。

 

病院によって異なりますが、準夜勤で平均3,500円、深夜勤で平均4,600円ほどで、中にはもっと高額な夜勤手当が付く場合があります。

 

夜勤手当を含めたら、1回の夜勤で4万円もの収入になる病院もあるそうです。

 

そんな高収入の仕事を探したいのであれば、看護師求人サイトへの登録がおすすめです。

 

このような求人は、ハローワークや求人誌などでは一般公開されていませんので、サイトを使うことで効率的な仕事探しが可能になります。